日本語教師オススメ!放送大学科目②韓国語Ⅰ



韓国語ⅠもA〇でした!

教材



ハングルを学ぶ(1)-基本母音字、一部の子音/ハングルを学ぶ(2)-平音、激音、濃音/ハングルを学ぶ(3)-終声、合成母音字/音の変化を学ぶ(1)-終声の初声化、濃音化、鼻音化、流音化、激音化/音の変化を学ぶ…

理由

私は英語が嫌い&中学生のころから韓国人歌手や、韓国ドラマを見ていて、高校生の時にハン検5級、卒業してからTOPIKの1級も取っており、初級の韓国語なら簡単なので韓国語にしました。
ここで私が日本語教育能力検定試験に受験する方にお勧めしたいのは「意思表示ができるくらいの第二外国語を勉強する」ことです。(といっても、私の韓国語は本当に初歩の初歩です。)

何故かというと問われる頻度は低いのですが、日本語学習者の割合が大きい諸外国の言語の初歩的なルールが試験で問われることがあります。
例えば、中国語には四声がありますよね。韓国語は日本語と語順が似ていたりします。

検定で問われる初歩的なルールは丸暗記で乗り越えられるところもありますが、放送大学では外国語の単位取得が必須なのでついでにとってもいいと思います。

あと、学生受けがいいですね。
そりゃそうですよね。海外留学して、自分の担当教員が日本語で歌ったり、「頑張れ」って日本語で言ってくれたらうれしくないですか?(笑)



どの言語にするか悩むなら…

英語でもいいと思いますし、私と同じように英語が苦手な人ならほかの言語でもいいと思います。もし悩むようなら、面接授業でそれぞれの外国語を少し学んでから考えてもいいかもしれません。どうしても外国語学習がつらいのであれば、面接授業だけで単位を取ってしまってもいいと思います。

私は放送授業で韓国語、面接授業でベトナム語を取りました!
いずれ面接授業で中国語も取ってみたいです!



コメント