日本語教育能力検定試験7月:戦略会議②


漢検合格おめでとう!


6月に受けた漢字検定2級に無事受かりました!!

200点満点で、合格点は155点。
私は162点でした。高くないですwww
百点換算だと81点なんでwww

結果↓



漢検の話はこちら

でも、このギリギリの点というのも、狙って取った点数だし、何より自分の戦略通りに点が取れていたのがうれしかったです。
鬼頭さんも言っていますが「満点を取る勉強時間と合格点を取る勉強時間は倍違う」ので、私は率先して合格点を取る勉強しかしていません。

ここで、日本語教育能力検定試験へ向けて、もう一度自分の勉強方法の見直しと、自分の性格を鑑みた戦略の立て直しを行いました。


勉強法の見直し

基本的な独学法は資格スクエアさんのYouTubeで学んでいて、それを実践してたのですが、その中で私に合わないものもあったので、調整しました。

①時間割の撤廃

資格スクエアさん(鬼頭さん)は、自分で時間割を組んで、細かく計画を立てることを推奨していますが、私はこれがストレスでした。

この世界は諸行無常なわけですから、いつも計画取りに行かないんですね。

私は
・飲食店で朝~昼2時までバイト
・3時~夜9時頃まで地元の公民館で勉強
というのが平日のルーティーンだったのですが……。
このバイトが厄介でして、忙しいと上がるに上がれないんですよ。
しかも、そのバイトでクレームでも来れば私のメンタル的にもイライラするので集中できる時間も少なくなるわけですよ。

私は完璧主義が少し強いタイプなので、自分が詳細に練った計画がうまくいかないとものっっっっすごいストレスになるんです!!!

なので、やめました。
最初は日曜日にその週に予定を全部時間割組んでいたのですが、漢検後は一週間に終わらせるタスクを箇条書きにしてこなすような形になりました。

鬼頭さんも10%のバッファを持たせて計画を立てなさいと言っているのですが、その10%を感覚的に私はつかめなかったんですね。
何故かというと、今まで勉強してこなくて、自分が一時間でこなせる学習量が未知だったから。

②継続を意識する

これも辞めました。
私、気が短いんですよwwww

三カ月で継続したと言えるのですが、私にとって三カ月ってものすごい長いんです。私の時間の流れはガキの時とあまり変わらないので、三カ月で考え方が変わったりするほど長いんです。反比例して周りから見る私は短気…(笑)

でも、やはり勉強は続けたい!の!で!
新しい自分として、毎日こなすことにしました。
「お~、私、今日、勉強しちゃうよ!!!」みたいな。
昨日も今日もやって偉いな~って思うと、途端に「いっか。昨日やったし」みたいになるんですよ。意志力が塵なんで。

ってことで、三カ月続けるという目標は取り下げました。
ま、7月から数えて3.5か月で10月なんで、継続も何もないですね。


性格と戦略

ってことで、計画の立て方は改善できたので、戦略ですね。
私は戦略を立てるのがすごく好きなんです。
昔から「どうやって親の目を掻い潜って真夜中に肝試しをするか」みたいなことを考えるのが好きなガキだったんですよね…(遠い目)

漢検を受けたことによって自分の性格もよく分かったし、実際に独学法が結果に出ていたこともあって、戦略立てるのは割と楽でした。

①習うより慣れろ

昔の無口な職人かって感じなんですが、私は完全にアウトプット優位型なので、アウトプットしていないと定着もしないし、勉強してて「これ意味あるのか?」と疑心暗鬼になってしまうんです。
なので、教材を読むだけみたいな学習法は性に合わないなと思いました。常日頃から思っていたことですが、再確認しました。

②非効率がキライ

例えば漢検。
漢検には公式テキストと過去問があったので、それらを買って公式テキストを一から解きました。「時間の無駄だな」って思いました。(笑)
だって、公式テキストのまとめ問題って、テストの問題形式とちょっと違うんですもん。
なので、私は途中でこれを投げ捨て、”出る順”というそれはそれは効率のいい教材を手にして二週間頑張りました。

これを日本語教育能力検定試験に当てはめると……。
過去問をひたすらといてもいいのですが、検定って落とすための試験なので、「ん???」みたいな問題も多いんですね。
絶対に国文学を研究していないと分からない問題や、学者によって見解が異なる問題等…ww

「そういうところで時間を食いつぶされるのはイヤ!絶対に取るべきところをちゃんと抑えて合格点が取れる勉強をしたい!」
ってことで、探すべき問題集も必然と条件が決まってきました。

③短期集中

長期戦が苦手です。短気だからでしょうか…。(なんでも短気のせいにする)
なので、長期戦は向かないなと。

別に三カ月以上やろうと思えばできるんですよ?部活だって三年間やってたし、バイトだって同じところで五年も働いてましたから。

問題は”手の抜き方が分からない”ことなんですよ。

やる!って決めたらすべての時間を使ってとことんのめり込んで、沼に頭突っ込みすぎて窒息死するんじゃないかって程、徹底的にやってしまうので、灰になるのが早いんです(笑)
三カ月で私の全力の火は消えます。(笑)
なので、七月上旬までに戦略練って、日本語学校で言う七月期が始まったころに本格始動するのがいい塩梅だと思いました。



と、まあ、こんな感じで戦略を練り直した七月でした。


コメント