検定試験9月:苦手項目の克服➀【文法】


圧倒的に足りない基礎知識

問題集を解いている中で、圧倒的に知識量が足りないと感じたのが【文法】と【音声】でした。
そこで、9月の一カ月間はこの苦手科目二つに力を入れることにしました。



今更苦手科目?

もう九月になるというのに、今更苦手科目やるの?と思われるかもしれませんが、苦手科目は伸びしろがある分、勉強すればするほど成績が伸びます。
逆に得意科目はある程度安定して成績が取れる分、今の倍は勉強しないと著しい成績の伸びは期待できません。
なので、短期間で点数の底上げを考えるのなら、絶対に苦手科目を潰すべきなのです。
特に、この日本語教育能力検定試験は、出題範囲が多く、どこが出ても平均的に点数を取れることが理想です。得意分野があってもテストに出なきゃ0点ですからね。

それに、私が苦手な【文法】と【音声】って、日本語教師にとって避けては通れない道ですからね…(´;ω;`)

という事で、今回は文法篇です!



根本的に知識が足りない

そもそも、「ヴォイス・テンス・アスペクト・ムード」など、専門用語がよく分かっておらず雰囲気で解いていました(笑)
これはまずいと思い、基礎固めができることを目標に!
私は本を買う事で安心感を得ようとしてしまうタイプなので、本は最低限のものしか購入していませんでした。
それでもできないものは追加で購入することに決めていたので、早速書籍探しに…。


・試験に用語を使って解説していること
・ただ読むのではなく、問題をこなすことで身につけるタイプ
・平坦で分かりやすい文で書いてあること


これらのポイントを押さえている本を探しました。



選んだ本はこちら



これから日本語教育を目指す方や日本語教育初心者の方、日本語の基礎をもう一度復習したい方などを対象に、日本語の文法をわかりやすく体系だてて解説。基本的な文法事項はすべて網羅。自分で考えて答えを出すプロセスを重視。

★検定試験用語を使っています。
★更に、タイトル通り「考えて、解いて、学ぶ」本なので、とても頭に入りやすいです!
★兎に角、一つ一つを階段のように上ることができ「え?この言葉の意味何…?出てきてないよね?」的なこともありません。最初からやればちゃんと分かります。
 未習語彙が出てこない感覚に近いかもしれません。
★columnも読みごたえがあり、文法チェック等の学生が間違いやすい項目についても取り上げています。
★平坦で分かりやすい文で書いてあります!分かりやすいの一言に尽きる!これは、荒川先生の「日本語教育のスタートライン」に通じるものがあります!



お陰様で…

この本のおかげで、文法は少し頭の中で整理が出来、苦手意識のあった文法もどうにか点数が伸びました!
特に「習うより慣れろ」「考える前に動け」「覚えるより使う」タイプの私には本当に相性の良い教材でした。
検定合格後も、分からなくなったらこの本を開いています。授業の自他動詞の導入前には必ず一回目を通しています。
手元の記録によると、20時間くらいこのテキストで勉強したようです。




コメント