英語多読:学習方法と自己分析


さて、どう学ぶか

そんなわけで、英語の勉強をしようと心に決めたわけなのですが、私は英語が嫌いなんですよね~。

今までの勉強法……所謂、学校教育の学習法では、英語を勉強することは不可能なんですね。あってないし、苦痛が伴います。
せっかく「大嫌いな英語を勉強したい!」という小さな芽が出たのに、それを踏み潰すようなことを、自分でしたくはない。

そりゃ、学校に在籍している限り、学生としてその場にいる限り学校教育から逃れることはできませんが、今は大人です。

自分で自分に合った学習方法を選べます。
勉強する内容も自分で選べます。
そして、嫌いなことは勉強しなくてもいい

それが大人になる醍醐味です。

なのに、今までと同じ合わない方法で勉強する必要がありますか?!
ありませんよね!?



まず、目標!


何かをするときには、目標がないと続きませんからね~。
私の学習動機は

ハリーポッターの原書を読みたい!
そしてアラン・リックマンさんの日本未発表の映画を見たい!
alwaysを全身で感動したい!


です。

「内発的動機付け・統合的動機付け」といわれる学習動機ですね。

この目標から四技能の優先順位を付けると

読む>聞>話す≧書く

こんな感じですね。


そして、メタ認知!


日本語教師には、今まで培ってきた経験と知識があります。
自分がどんな学習方法に向いているのか、どんな学習方法があるのかを知っています。

そこで、自分の傾向をまとめてみるところから始めました。
メタ認知ですね。


1-1:自己分析

私の嫌い・苦手な事

・無駄な事
  -単語帳作り
・人と関わること
  -グループ学習
・正しい語彙や表現を暗記すること
  -暗記しても忘れる
・教科書
  -いい思い出がない
・宿題
  -ないほうがいいに決まってる
・英語の文を聞くこと
  -子守歌になる
・お金のかかる勉強
  -そんなお金はない


私の好き・得意な事

・短期記憶
  -試験は暗記で乗り切る
・シャドーイング
  -まねるのが得意。友人のお墨付き。
・表を画像で覚える
  -何度も見ていると、表ごと覚えられる
・能動的な活動
  -暇だと眠くなる
・個人学習
  -マイペースだし、こだわりが強い
・歌う事、音楽を聞くこと
  -特に辛くない。韓国語でも英語でも、意味わからないけど歌える歌が多い
・お金のかからない勉強法
  -ネットのおかげでお金がなくても学べる時代になったと思う


まとめ

➀視覚・聴覚から得られる情報に強そう
②暗記は役に立たない気がする
③もくもくと暗記するのは苦手、今までの学習方法は使えない
④集団学習は苦手なので、語学スクールに通えない
⑤特に金銭的な面で負担の大きい学習方法は向いていない


1-2:学習スタイル診断サイト

分析の仕方が分からなかったり、面倒な人はこのサイトを使うのもありだと思います。
英語学習手帳2015:学習スタイル診断

チェックすれば自分の傾向が分かります。

ちなみに、私の結果は
診断A:視覚型
診断B:能動的学習
診断C:個別学習
でした。自己分析とあまり変わらない結果でした。



学習方法

ここまでくればもう簡単。後は自分に合う学習方法を探すだけです。
まず、今までの学校教育で使ったもの・方法はすべて捨てます。
なので、教科書も参考書も単語帳ともさようならです。買いません!!!

そして、私の目標は「読む・聞くが優先、その次に話す、書きは後回し」です(笑)

読む活動といえば、外国語教育では『読解』ですね。
しかし、私は読解があまり得意ではないです。実際に専門学校で韓国語の読解の本を購入させられたのですが、いちいち辞書で意味を引かないと先に進めないので、読んでいるというより翻訳作業ゲーなんですね。
凄いつまらないし、めっちゃねむい

趣味が読書の人間にとってこれはつらい。本を読むこと好きなのに、苦痛なんです。拷問です。
めっちゃ犬が好きなのに、触ろうとすると100%噛まれる…みたいな感じです。好きな犬も怖くなってしまいますよね。そんな感じ。(どんな感じ)


「どうにか、読むという行為を辛く感じないで行うことが出来ないか…。」


そこでふと「なんか読解系の勉強方法が他にあったよな~」と思い出した言葉が「多読」でした。
本棚の書籍をひっくり返しても「多読」の文字は見つからなかったので、恐らく養成校で教えてもらったんだと思います。



多読、私にあってるかも!

そこで多読について調べていると
・辞書は引かない
・読むだけでOK
・最初は絵本だから辛くない
・なんなら文字なし絵本からでOK
・読みたくないものは読まなくてOK・・・etc.


これほどまでに私に合っている勉強法はあっただろうか!という衝撃!!!


・韓国語の読解で辛かった「辞書」を使わなくていい
・視覚優位の私には絵は最高の教材
・多読は個人学習でOK(多読仲間を推奨しているサイトもある)
・暗記しなくていい
・読書を楽しんでいい
・目標の読みを集中して行える
・自分のペースで進めて、自分の好みで読むものを変えていい
・無料でネットで読めるサイトがある(初期投資0円)


初期投資が0円なので、合わなくても痛くもかゆくもない。むしろ合わないという結果がでたので、他の学習方法に軌道修正ができる。


いいところしかない。
これをやらずして何をやるのでしょう。



ということで、多読で英語学習をすることにしました。


コメント