ムサビ通信編入基礎知識

 

こちらの記事でも書きましたが、新規課程に移行中です。

旧課程の3年次編入は美術系の学校を卒業していたり、所定の単位を取得している人のみ出願ができる状況ですので、私は入学できません。

なので、今回は新規課程のみ取り上げます。


旧課程と新課程の違い

旧課程

4学科9コースあります。

学習内容が1・2年/3・4年で分かれていて、1・2年次は全体的に勉強して、3年次から各々のコースを選ぶような形だったそうです。

3・4年次に1・2年次の科目が取れないので、3年次編入を希望する場合は、1・2年次に学んでいるはずの基礎知識を有すると思われる美大卒業者や、単位取得者しか入学できませんでした。→説明会で聞いた話によると、旧課程でも学年による履修制限がなかったので、一緒にしていいんじゃないか。時代の流れをみてもコースごとの垣根がなくなってきているので様々なことを学べるように一緒にしようじゃないか!ということだったらしいです。

過去のブログによると、進級判断も2年次に行われていたようで、1→2年生には自動で進級したらしいです。


新課程

新課程では、複数のコースをまとめて、すべての学年で横断的に学習できるカリキュラムに変更したということです。

1年次から次に紹介する3学科4コースに所属していて、どの学年に何を勉強してもいいようです。放送大学の方が選べる科目はもっと緩やかな気がしますが、似ていますね。

学年ごとに分けられておらず、いつでも基礎の科目が取れるので、未経験者も3年次編入して基礎から学べるようになったとのことです。

      

※認識が誤っていたらすみません。HPや取り寄せたパンフレットを見て、直接お話を聞いた限りでは、こういったことだと判断しました。




美大は実技が必修で対面授業を完全になくすことは難しいと思いますし、施設管理費を含めると、基本的に一般的な学校より学費が割高になる傾向があります。

未経験者からしてみれば「自分が通信の、しかも美大でやって行けるのかわからないし、一年の学費も高いし、2年次編入しかできないのか…」と思ってなかなか一歩踏み出せないと思うので、そういった人には新課程は嬉しい変化かもしれませんね。


ただ、最初からコースが決まっているので、「未経験者なので、どんなコースがあっているのかじっくり検討したい」という方には残念な変化かもしれません。


私は勉強したいコースが決まっていて、お金もないので(笑)新課程は追い風になりました。



コース

3学科4コースにります。


1.油絵学科

 1-1 絵画表現コース

    油彩画を中心に新たな可能性を視野に入れた表現を学びます。

 1-2 日本画表現コース

    日本画ならではの描画材や技法からオリジナルな表現を探ります。


2.デザイン情報学科

 2-1 デザイン総合コース

    情報・環境・社会を柱にして横断的にデザインを学びます。


3.芸術文化学科 

 3-1 芸術研究コース

    芸術文化を読み解く視点や方法を学びます。



学費

取る科目や面接授業の回数でかなりふり幅があるのですが、公式の回答は以下のようになっています。


1. 選考料・入学金 50,000円

これは入学初年度のみの支払いになります。



2. 授業料 300,000円

毎年必ず定額で支払うお金です。前期後期の分割2回で支払うこともできます。

私は続けられるか不安なので、分割で払う予定です。合わないなって思ったら、後期までに退学して、放送大学に再入学すればいいので。(笑)

退路は必ず用意しておくタイプです。



3. スクーリング/メディア授業料 約400,000円

これの計算が厄介でして、放送大学と同じように、それぞれのタイミングで申し込んた科目数によってその時の支払い金額が決まります。

スクーリング授業は1単位/13,000円

メディア授業が1単位/10,000円

デザイン情報コースの必須科目は合計30単位/4年で、約40万円です。


ただ、私はコロナ(去年一年)で、面接授業を一つも取ってないので、時間数が足りません。編入した場合、その足りない分をムサビ通信で受けなければならないので、もう少し掛かると思うと言われました。



4. 合計

1年次入学(対面30単位)  1,634,000円

2年次編入(対面20単位)  1,204,000円


ムサビ通信に4年在学するお金で、放送大学を2回卒業できるっていう(笑)



放送大学からの編入

新旧課程の違いでも書いた通り、新課程から未経験者でも3年次編入が可能になりました。

2022年から!


これが私の頭を悩ませている問題なんです。


ムサビ通信では、2020年に新課程の1年次入学の募集を開始し、今年2021年は2年次入学の募集を開始します。


3年次編入は2022年に開始します。


つまり、今年2021年は3年次編入ができないんです。ハイ。


ええええええええ!!!!!!!!!


私はすでに2年分の64単位を取得していますが、ムサビ通信に編入した場合は最高で46単位しか認められません…。

1年分の単位を捨てて、1年分の学費を多く払って、ムサビ通信に三年通うというwww


まあ、実際には捨てているわけではないんですよ?

2年次編入だから最高46単位しか認めないってだけで、中退して放送大学に戻ってくれば、64単位+ムサビ通信分になるって言われましたし。

わざわざメールで放送大学に問い合わせたので、間違ってはいないはずです。


例えば、

放送大学で64単位を取得し退学

ムサビ通信に編入し、30単位取得後退学

放送大学再入学 ★取得単位数64+30=94単位

(再入学で30単位、それ以上の単位数なら編入学)


ってことだそうです。

再入学の時は、前に放送大学で取得した64単位が自動で引き継がれるそうです。


この記事にも書きましたが、単位認定には2種類あります。

ムサビ通信は一括のようです。ただ、通信と面接授業は分けて計算するようで、私のように面接授業が少ないと、入学してから予定より多くスクーリングを受けなければならないかもしれません。

説明会によると、入学前に実際に認定される単位数がいくつになるか知ることができるらしいので、事務に問い合わせてみてくださいと言われました。


私はまだ放送大学の後期の成績が出ていないので、単位が認定されたことを確認でき次第、問い合わせてみようと思っています。



編入学年の最大の問題

通信大学に通ったことがない人から見ると

「どうせ最短で卒業する気ないんだし、同じ三年間勉強するなら、二年次編入でも三年次編入でも問題ないんじゃない?」

と思われますが、これが大問題なんです。


通信大学生が注目するのは「認定単位数」です。

62単位が認定されて三年次編入する場合、ムサビ通信で62単位を取ることになります。この場合、三年在学すると一年の平均履修単位数が約21単位になります。

46単位が認定されて二年次編入する場合、ムサビ通信で80単位を取ることになります。この場合、三年在学すると一年の平均履修単位数が約27単位です。


つまり、必要な単位が多ければ多いほど、同じ三年在学するのでも、一年のしんどさ(忙しさ)が全く違うのですよ!!!!!


働きながら放送大学に在籍していて、一単位の重みは重々承知しているつもりです。

だからこそ、三年次編入ができないことが、今後の自分の三年間にどれほど強い影響を与えることになるのか、何となく予想ができるわけですね…。悪い意味で。


必死で履修してきたからこそ、この一年分の差が怖いです(笑)



出願期間

2021年度の出願期間は以下の日程になります。


第一期 2021/1/15~2021/3/15

第二期 2021/3/16~2021/4/18





コメント